加賀温泉郷マラソン2019

開会式でゲストの増田明美さんが、それほど重要ではなさそうな情報を楽しそうに話す。「この大会ね、今回から陸連公認になったの。大迫くんの記録が2時間5分50秒でしょ。だから、みなさんが2時間5分49秒でゴールすれば1億よ、1億!」 仰っていることは100%正しい。でもね、増田さん、そうは言うけど、ここはシカゴに較べてアップダウンが多すぎるよ・・・。(そういう問題か?)

事前にこの大会の出場経験のある人に聞くと「これでもかっていうくらい坂がある」「あそこはベストを狙うコースじゃない」「エイドが充実しているから、記録は狙わずにおもてなしを楽しむべき」「ここをマラソンのコースにする?って言いたくなるくらいのすごい坂がある」等々、ネガティブな情報がこれでもか、と出てくる。とはいえ、陸連公認なのだから、距離は42.195km。この日のために月間走行距離を100km以上伸ばし、坂道もたっぷり走り込んできた。レースプランはシンプルに「4分55秒/km(3時間30分切りのペース)で行けるところまで行く」

f:id:ruglove2019:20190423155702j:plain

スタート後、運動公園の外に出ても道幅が意外に狭い。入りの1kmはキロ6分オーバー。プランがいきなりつまずく。ただ、人の間をぬって前に出るのは消耗するので、最初の1~2kmはウォーミングアップと割り切りガマン。タイムの借金は、足の貯金。しかし4km地点を過ぎても混雑は解消せず。このままでは負債がたまる一方なので、堪忍袋の緒を静かに切って人の隙間をぬうようにペースを上げる。5km手前でようやく混雑を抜ける。犯人は4時間のペースメーカーだった。ペースメーカーのすぐ後ろは混み合うんだよな。5kmの通過は27分30秒。おお、ペースメーカー、いい仕事しているな、って感心している場合じゃない。序盤ですでに2分半を越える負債。この程度の借金はすぐにでも利子をつけて返してやりたいところだが、後半に上り区間が控えているので楽観はできない。その後も小刻みなアップダウンの連続に、いまひとつリズムに乗れず、5~10kmのラップは25分36秒(汗)。10~15kmでようやく24分台になるが、挽回は微々たるもの。徐々にゴール予想の計算作業が楽しくなくなってくる。中間点通過は1時間49分。なかなか計画通りにはいかないものだな。3時間30分を切るには後半のハーフを前半より8分速い1時間41分で走らないといけない計算。前半、抑えに抑えていたわけでもなく、わりとあたふたしながら、それなりに消耗しているので、アップダウンの多い後半にそんなパフォーマンスを発揮できる気がしない。夢見る時間は終了(泣)。描いていたストーリーと現実が乖離してしまったことに少し落ち込むが、石川まできて残りの距離をジョギングして帰るのも勿体ないし、せっかくの攻略し甲斐のあるコース設定なので、リセットして後半を楽しむことにする。

練習量を増やしたせいか30kmを過ぎてもつぶれ感はないし、集中も切れていないのだが、全体をとおして、アップダウンのある区間でのタイムを作れていない。このあたりが課題ですな。スピードがないのか、スタミナがないのか、インテリジェンスがないのか、その全てなのかはよくわからない。さすがに残り5kmはけっこうキツくなる。40kmを過ぎてからの競技場までの長く緩やかな上りはホントにいい練習になった。「走るの好きか」と聞かれたら、ネガティブな答えをしてしまいそうだったけど(笑) 石川まで応援に来てくれたチームメイトの声援を受け、競技場内では地味なスパートをかけ、数名をパス。自己ベストを1分(!?)更新。とりあえず前回の記録は超えましたよ、最低限の仕事はしましたからね、的な。なんか、サラリーマンっぽいなぁ(苦笑)

 

この日、長野と石川に分かれてフルマラソンに参加していた「TeamSF」のメンバーは、全員が自己ベスト更新。南砺100kmマラニック(リレーの部)に向け、いいはずみがついた。レース後、スマホの画面に表示される「PBおめでとう」とか「アップダウンの多い加賀でのベスト更新は価値がある」とかいう耳障りのよい言葉に、少し浮ついた気持ちになっていた。帰路、「坂が、坂が、って言うほどじゃなかったよね」「昨日エントリーした富山マラソンの申告タイム、もっと速くしておくんだった」「いやぁ、いい練習になった」「楽しいレースだった」等々、数時間前、半べそをかいていたとは思えないポジティブな言葉がどんどん湧いてくる。でも、レースのラップタイムをチェックしていたある人からの「前半はいいペースだったのに残念でしたね」というコメントに目が覚める。そう、本当は、走った本人がいちばん「残念」だと感じているのだ。周囲の優しい人たちが、いくらステキな言葉をかけてくれたとしても、「やりたい事が出来なかった」という事実に変わりはない。恋もマラソンも自分の気持ちを偽っていては次に進めない・・・・。

 

夢見た島は遥か遠い場所で♪まだ霞んでいてよく見えないけど、ほんの少しだけ近づいた。さあ、練習だ。明日もいいトレーニングが出来ますように。

第35回全日本トライアスロン宮古島大会

ここ数日、宮古島関連の投稿だらけのSNSに誘われ、昨晩は、宮古テレビのインターネット中継で、宮古島トライアスロンの35回記念大会を観戦。雨風と暑さに見舞われたスイム3km、バイク157km、ラン42.195kmに選手の数だけストーリーがある。番組自体は、地方のお祭り中継のような緩い雰囲気。へんに感動の押し売りをしないぶん、島全体が熱く盛り上がっている雰囲気が伝わってくる。「35回で、いちばん苦しかったけど、いちばん楽しい1日でした。」35回連続で出場し、すべて完走しているレジェンドのインタビューが味わい深い。雨の中、レース終了を告げる花火が美しい。あれからもう5年かぁ(遠い目) 

f:id:ruglove2019:20190415151908j:plain

 

5年前のゴール前映像(26:37あたりから登場します)

2014年宮古島トライアスロンゴール地点その1 - YouTube

第3回 加賀海岸シーサイドトレイルラン

トレイルランニング3戦目。こう見えて実は初心者なのだ。かつ、ひ弱な都会っ子。ただし、自然を相手にするフィールドにアウェイ感はない。とくに「海岸」「シーサイド」とくれば、 ビーチラグビー歴25年の血が騒ぐ。

種目は、ロング(28km)とミドル(15km)があり、せっかく石川まで行くのだから長いほうを走りたいところだが、2週間後にフルマラソンが控えているので、ここは自重(大人だ)して、ミドルの部にエントリー。

昨年のこの大会で表彰台に上がり、今回は招待選手としてやたら若いゼッケン番号をつけている愛弟子から「rugloveさんなら1時間半くらいですよ」とサラっと言われる。親切に完走タイムの目安を示してくれているようで、実は「それ以上かかったら手を抜いていたとみなしますからね」という地味な圧力。やれやれ、獲得標高300mとはいえ、15km(実際には15.5kmほど)のトレイルを6分/kmで帰ってこいということだな。ご期待に沿えるよう頑張らねば。 

f:id:ruglove2019:20190407111226j:plain

 昨年12月の「武田の杜トレイル」で、スタート時に「まあ、最初のうちはアップがてらやわやわ行くか」などとのんびり構えていて、狭い山道でゆっくりペースの人の後ろになり、レース序盤にかなりの距離を歩く羽目になった反省を踏まえ、前列からのスタートダッシュを意識。思惑通り(だったのか?)トップグループにつける。代償として、レース開始から1分もたたないうちに心拍数MAX。こういう状態を一般的にはオーバーペースという。良い子は真似してはいけません。並走していた愛弟子(師匠が師匠なら弟子も弟子だ・笑)のガーミンでレース後に確認したところ、4分/kmそこそこで突っ込んだ模様。直前のレースの反省をまったく活かしていない。ペースが速すぎるのでは、という動揺に加え、ウエストポーチの揺れが異常なほど気になって、少しだけパニックになる。夏場のロング走で何度も使ったことがあるポーチなのだが、これをつけて4分/kmというスピードで走ったことはなかった。そして、すでに滝のような汗。ファイントラック、ちゃんと仕事してんのか。道幅も狭くなりペースを勝手に落とすわけにもいかず、なんとなく成り行きで、先頭近くの集団でレースを展開する羽目に。口のなか少しだけ血の味になってくるが、いまここでしか出来ない貴重な経験をしているのだと思い、後先のことを考えずにこのまま行こうと試みる。が、トレイル区間に入りペース配分以外にテクニカルな問題も露呈し、みるみる失速。でも、あのペースで突っ込んだからこそ見ることが出来た景色がある、ということにしておこう。こういう物言いを一般的には負け惜しみと言う(笑)

いったん町中に出て最初のエイド。時計はまだ24分。要項には、第1エイドは「約5km」と書いてあったが、ここまで5分/kmを切っているのか?ペース配分もなにもあったもんじゃない。やっぱり「ガーミン」買わなきゃだめか。この短いロード区間でだいぶ順位を上げる。下がアスファルトならこっちのもの。都会っ子をなめるな(笑)

しかし、その後、ふたたびトレイル区間に入ると、いかにもトレイル慣れしていそうな装いの人たちにすいすい抜かれる。ふと気付くと、前後に人がいない。地味に不安。NHKのグレートレースで、外人が「ちきしょう、目印を見失って何分もロスしちまったゼ」と困惑している場面が頭に浮かび、マークを見失わないよう細心の注意をはらってレースを進める。

第2エイド通過は51分。このとき、エイドを10.5km地点(実は9.5km)と勘違いしていた。 ここまで5分/kmを切るペース。ゴールは1時間半って言っていたけど、計算が合わないぞ。ずいぶんなめられたものだな。ということで、ゴール予想タイムを1時間10分台に上方修正し、海岸線のトレイル区間へ。

f:id:ruglove2019:20190408104511j:plain

 f:id:ruglove2019:20190408104559j:plain

 f:id:ruglove2019:20190408104720j:plain

 この海岸のエリアが曲者で、船越栄一郎が出てきそうな絶景なのだが、アップダウンがえげつない。この大会の売りもののエリアなんだろうけど、景色を楽しむ余裕はない。ここまで、ずいぶん走り易いトレイルだな、と感じていたが、獲得標高のほとんどは、この後半部分だったのだな。再び別の意味でレース序盤の心拍数に。

会場の公園内に入り、平坦なエリアで数名をパス。ゴールタイムは1時間31分。やはり愛弟子の意見は正しい(苦笑)。総合順位は125名中の23位。となれば、年代別順位に期待がもてそうなものだが、括りが広すぎて15位。年代別といいながら、ひと回り以上も下の年齢の人たちと争うってどうよ・・・

f:id:ruglove2019:20190407130656j:plain

トレイルと名のつく大会において上位20%以内の順位をゲットできたので、この日をもって、ひ弱な都会っ子というキャッチコピーは返上することとする。この件について一切の異論は受け付けない(笑)

f:id:ruglove2019:20190407173655j:plain

 2週間後の「加賀温泉郷マラソン」(フル)、6月最初の「南砺100kmマラニック」(リレー)と「坂パラダイス」は続く。

 

明日もいいトレーニングが出来ますように。