2014

たぶん、ハーフタイムはもう過ぎているのだろうな、と思う。

軸足をおくべき場所について考えていたとき、
ある雑誌に載っていた、平川敦子さんという人の詩に出逢う。

・・・

強さの条件  平川敦子


「強いアスリートの条件は?」

そういった質問を投げかけられたことがある。

ほんの数秒考えてから、
個人的に思うこと、と前置きして答えた。

「自分を知っている人」

それから数年。
いま訊かれたら、なんと答えようか。

「自分を知っている人
 そして、もっと知ろうとし続ける人
 そして、自分を裏切らない人」

あの頃の自分が為せなかったこと、
あの時の自分が手放してしまったことだ。
だから私は弱くふがいないままだったのだ。

時間を巻き戻して、
必死にもがいていた自分に教えたいけど、
叶うはずもない。

だから、今、始めることにしよう。

自分を知ろう。
もっと知ろうとし続けよう。
今度こそ、自分で自分を裏切らない自分になろう。

アスリートとして、
ひとりの人として、
より強くありたいから。

・・・

自分で限界を設定することなく、
チャレンジし続けることの
大切さを学んだ今年。
来年は、こんな風にありたいと思う。
この場所に立てるなら、
どれだけの努力をも厭わない。
たぶん、自分がまだ知らないだけで
いくつもあるであろう
そんな場所を目指して。

こんなことを言う人のことを、
仲間内では、変態と呼ぶのだが(笑)


・・・

来年も、いろんな意味で、走り続けるのだと思います。
そして、更新頻度は不甲斐ないままだと思います。

ご訪問くださったみなさん、
今年1年、ありがとうございました。
それでは、よいお年を。